1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最近の
もらったコメント
もらったトラックバック
昔の
リンク
カテゴリー
親切な検索機能
カウンター
メールアドレス
yasuo●ofg.jp
ここの↑●は@にすればいいです。
プロフィール

OFG@日本國

情報科講師をしたりシステムエンジニアやWebデザイナーをしたりNPOスタッフや議員秘書をしたりして、今では中学校技術科教師のOFGのブログである。あまり読む価値はない。
<< 西安〜成都 | main | 成都〜上海 >>
成都
杜甫草堂
 成都の空は常に曇っており、昼でも薄暗い。しかも、今日は雨が降っている。なんだか、いやな雰囲気だ。とりあえず、友人Yの提案で杜甫草堂へ。どうやら詩人・杜甫がらみの場所らしい。北京と違って、なぜかタクシーが4人で乗車させてくれないので、私とY、DとTで分かれて2台のタクシーに乗車した。さて、私とYが杜甫草堂の入り口について、30分ほど待ってもDとTが来ない。どうやら、はぐれてしまったようだ。よせばいいのに、私とYは二手に分かれて彼らを捜し出した。二人とも中国語が話せないのに……。
謎の農村地帯
 気が付くと、私は農村地帯にいた。どうやら、道に迷ったようである。道はぬかるんでいるし、多数のコエダメがあるので危険だ。とりあえず、民家のある方へ歩いてみる。
 民家は迷路状に入り組んでおり、余計に迷ってしまう羽目に……。あちこちからジャラジャラと麻雀牌を混ぜる音が聞こえてくる。雨だから農作業を休んでいるのだろうか? 怠慢な連中だ。
鶏!
 ゴミ捨て場の横を歩いていると、ニワトリが一羽あらわれた! ニワトリの先制攻撃! 私は右足に5ポイントのダメージ! 私は逃げ出した。しばらく逃げるとやっと大きな道に出ることができた。私はカタコトの中国語で通行人に道を聞き、その後なんとか3人と合流できた。
 夕方、百貨店などにゾイドを捜索に行ったが、発見できなかった。
| comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.ofg.jp/trackback/72824